将来を真剣に思うなら医学部予備校に通うのがベスト

レディー

自分の考えを説明する

作文

小論文を書くとなると身構えてしまいますが、基本の書き方パターンを身につけておけば、難しいものではありません。後は、大切なのは、与えられた課題から自分が書きやすいテーマを見つけ出すことです。日ごろから色々なニュースに触れ、自分はどう思うのか考える癖をつけておくといいでしょう。

Read

充実した内容となっている

先生

医学部に合格するのはとても大変なので、医学部受験専門の予備校に通ってしっかりと勉強をする必要があります。今では様々な形の予備校があるので、どのようなところに通うのが自分にとって良いのかをよく考えてから決めた方が良いです。

Read

第一志望に絶対に合格する

医者

分母を大きくする

大学入試で合格をするためには、学力を上げることが必要です。しかし、志望校によってその方向性が大幅に異なります。課される科目の数も違えば、同じ教科であっても傾向はバラバラです。出願をするのが国立だけなら自分で傾向を調査するのもいいですが、私立を目指して複数の学部を受けるのなら予備校に任せてしまった方が無難です。また、予備校を選ぶ時にまず大切になるのが分母を大きくする作業です。確かに、地元にある学習塾なら通うのがラクで勉強時間をたくさん確保できるとも考えられます。しかし、人生がかかった一発勝負を勝ち切るためには東京に行った方が賢明です。

情報戦の様相を呈する

大きくなったら医師として病院で勤務したい人は東京にある医学部予備校にお世話になるのもありです。読んで字のごとく、医学部予備校は将来的に医師や看護師になりたい人だけが集まる学習施設です。従来の予備校と医学部予備校の最も明らかな違いは生徒の質です。一般的な予備校にはさまざまなランクの大学を目指している生徒が集まるため上と下とでかなりの温度差があります。これに対して、医学部予備校は最難関を目指しているだけあって勉強に熱心な子どもが多く、頑張るのが当たり前の雰囲気が漂っているので無意識のうちに自分を追い込めます。当然、モチベーションが保ちやすい分だけ学力の伸びもいいです。また、東京の医学部予備校には日本全国の大学の情報が集まってきます。昨今の入学試験は情報戦の様相を呈しており、東京をはじめ、全国の医学部の出題傾向を分析しながら学習の方針を決める作業が可能になっています。

志望校に合格する準備

勉強

第一志望が私立大学の場合、入試日程をきちんと確認した上でどこを目指すのかを決めるようにしましょう。ほかにも、入試日程というと本番にだけ意識がいきますが、それ以外にも出願の期日などにも注意を払いましょう。

Read