志望校に合格する準備|将来を真剣に思うなら医学部予備校に通うのがベスト

将来を真剣に思うなら医学部予備校に通うのがベスト

婦人

志望校に合格する準備

勉強

重なっていないか確かめる

国立大学に入試日程はとてもシンプルで、二月の下旬にある前期試験と三月の中旬にある後期日程のふたつだけです。もちろん、推薦入試などを行っている大学もあるのでこれよりも多少は増えますが、それでも片手で数えられる程度です。これに対して、私立大学の入試日程は一枚のスケジュール表に収まりきらないくらいあります。同じ大学であっても学部や学科ごとに試験がありますし、場合によっては同じ学部や学科であっても形式次第では別の日に入試が行われる大学も見られます。第一志望が私立大学の場合には入試日程をきちんと確認した上でどこを目指すのかをまずは決めましょう。私立大学側も少しでもたくさんの受験生が受けられるようにとほかの大学の似たような学部の試験とは重ならないように配慮をしてくれていますが、それでもかぶってしまうケースはあり得ますから、事前に自分が受けようと考えている私立大学の日程が重なっていないかを確かめるべきです。

出願の期日なども確認する

学力が全国トップクラスで、受験する私立大学がすでに決まっているならあれですが、多くの生徒が冬場の自分の学力の伸び具合などを見ながら志望校を決めます。自分が思っていたよりも学力が伸びて、志望校のランクを少し上げたいといった事態も十分に考えられます。それを考慮すると自分自身の入試におけるスケジュールを組む時には第一志望のほかの私立大学も候補に入れておくといざという時に安心です。また、入試日程は紙などの媒体で確認するよりもインターネットを使って検索をするスタイルで調べるのも有効です。1月の終わりから2月の初めにかけてはかなりの数の入試が控えており、それを文字に起こそうとするとどうしてもフォントが小さくなります。本当に行きたい大学の入試日程を見落とさないためには検索をかける形で調べた方が間違いなく安全です。ほかにも、入試日程と言うと本番にだけ意識がいきますが、そこだけではなく出願の期日などにも目を向けましょう。願書の募集が12月末の大学などもあるので早めに調べ始めるのが肝心です。